マカで更年期障害の症状を緩和できる

更年期障害にマカが効果的だということが言われています。加齢とともに更年期という時期を迎えることになりますが、その時期に体調に変化や不調がでてくることを、更年期障害といいます。

言葉では分からないほど、本人は辛い症状を抱えているので、どうにかして緩和させたいと願う人はとても多いです。そこで、マカがなぜ効果的なのか?ということや、更年期障害の事について、詳しく説明していきたいと思います。

更年期障害について

更年期の時期とは

女性の閉経前後10年という期間が、更年期という時期になります。なぜ更年期が訪れるのかというと、加齢とともに卵巣機能が低下していき、女性ホルモンが減少するからです。卵胞ホルモンという女性ホルモンの分泌量は、若いときと比較して、ぐんと減っていきます。

ですから、40歳を超えると一気に卵巣機能が低下していき、ホルモン分泌量が減ることで、閉経が起こり更年期に突入するということになります。

更年期障害の仕組み

更年期になる前であれば、卵胞ホルモンが月経開始日~排卵日までにしっかり分泌されています。この分泌量は18歳~40歳の期間が一番多くなっています。しかし40歳以上になると、卵巣機能の低下によって、分泌量が減っていきます。

脳の視床下部から卵巣へホルモンを分泌するように指令を出すことで、性腺刺激ホルモンが分泌されていきます。そしてこのホルモンが、卵胞ホルモンを分泌しろと指令をだしていきます。

この流れで、しっかりとした卵巣機能が保たれていくのですが、更年期になるとこれらの流れ作業がストップしてしまいますので、卵胞ホルモンを増やすことができません。こうなると、徐々に体は変化していき、自律神経が乱れてきたり、ホルモンバランスの乱れが起きてくるようになります。

マカで何ができる?

マカはホルモンバランスを整える効果がありますし、自律神経を整えてくれる効果もあります。ですから、更年期障害で様々な症状に悩んでいる人の、根本的な原因にアタックしてくれるということになります。

更年期障害で、辛い思いをしている人は、マカを摂取して自律神経を整えていくことで、精神的にも肉体的にもトラブルを緩和することができます。更年期障害の症状を感じる前から、マカを摂取しておくのも良い判断です。

関連記事

このページの先頭へ