ED治療薬とマカの作用の違い

EDで悩んでいる男性は、病院へいき治療を受ける人もいますし、薬を服用する人もいます。

それと併用して、マカを飲む人がいますが、マカはEDに対して実際に効果があるのかどうか、詳しく掘り下げていきたいと思います。

勃起不全の治療とは?

EDとは勃起不全という病気で、男性が性行為をしようとしたときに、勃起できなくなってしまう症状のことを言います。全く勃起しない場合もあれば、少し反応を見せることもあり、症状は様々ですが、悩みの大きさは変わりません。

男性にとって、EDというのは、気持ちとは裏腹に行動が伴わないということで、かなり大きなプレッシャーやストレスを感じることになりますので、しっかりと治療をしていく事が必要になります。

ED治療薬

現在EDに効果的だとされている薬は【バイアグラ】【レビトラ】【シリアス】といったものになります。これらは、即効性のある勃起不全に対する効果を持つ薬です。

海綿体に血液が入ってくることで、血管が拡張して勃起を持続させることができるのですが、EDの場合はこのような働きが自力ではできずに、薬などに頼る事になります。

薬では、海綿体に入っていく血液の量を一気に増量することができ、勃起が持続するように作用します。このように、EDは薬を飲むと、即効性を実感できるという点があります。

マカに期待できる効果と摂取する理由

マカがEDに作用すると言われているのは、即効性ではなく、継続して摂取し続けることで、原因に作用するようになっていくからなのです。

EDは医師が診断して、しっかりと処方された薬であれば飲んでも大丈夫ですが、自己判断で入手して勝手に薬を飲んでしまうのは、とても危険です。EDなのかな?と不安になっている人は、病院にいく事が第一になります。

もしも病院に行かない、それほどの事ではないというのであれば、マカを継続的に摂取して、栄養をしっかり補っていき、ホルモンバランスを整えたり、滋養強壮効果を得てみてはいかがでしょうか。

関連記事

このページの先頭へ