マカの原産国と歴史

マカとは一体どのようなものなのでしょう?マカのサプリ、マカの栄養剤、などという商品を目にするかと思いますが、マカ自体について詳しく知っている人は意外と少ないのです。

そこで、マカについて詳しくここで紹介していきたいと思います。

原産国と栽培地

マカというのは、ペルーに生息し、標高4000m以上の地で栽培されています。「アブラナ科」に属する植物で、日本で言えば、大根やカブの仲間です。現地では、マカを煮る、焼く、乾燥させるなど様々な方法で食しています。

ペルーの高地で、平均気温は7度以下という環境で栽培されているということもあり、とても生命力の溢れる植物だと言われています。マカは、栽培していた土の養分を、全て吸い尽くしてしまいます。

ですから、栽培していた土地の養分は不足状態となり、数年間は使い物にならないとまで言われています。それだけ良い栄養素をたくさんマカが、吸収しているという事です。

食用としての歴史

インカ帝国の時代になりますが、戦士たちが戦場へ行く前に、マカを食べてから向かったという記述が残っているのです。

とても古い時代から、マカの力に気が付いており、実際に食していたというのは、驚きです。それだけ長い歴史が、マカにはあるということが分かります。

マカに含まれる成分

  • タンパク質
  • 脂質
  • 食物繊維
  • グルコシノレート
  • カルシウム
  • ポリフェノール
  • 脂肪酸
  • ステロール
  • サポニン

上記のようなとても優れた成分がふんだんに含まれています。

マカの主な使われ方

マカの優れた成分に注目しだした頃から、日本や欧米などではサプリメントとして利用されることが多くなっています。マカをサプリメントなどに加工するには、マカの根を乾燥させてから、すり潰すなどして、マカエキスを抽出していきます。

マカには別名があり【天然のバイアグラ】や【アンデス人参】などと呼ばれることもあります。つまり、滋養強壮の効果や疲労回復にもってこいの植物だと言えます。

関連記事

このページの先頭へ