糖尿病にも効果的!亜鉛で血糖値を下げる

とても怖い病気として、糖尿病があげられています。さらに糖尿病の予備軍はとても多いと言われていますので、もしかしたらあなたもその1人かもしれません。そこであらかじめ、糖尿病を予防できれば、それに越したことはないですよね。

糖尿病の予防には、適度な運動や規則正しい生活などがありますが、実はマカを摂取することでも予防が可能なのです。まずは糖尿病のことを少しご紹介していきます。

糖尿病の種類とインスリン

糖尿病は2種類あるのをご存じでしょうか?一般的に言われている糖尿病というのは、【2型糖尿病】という名前で、糖尿病患者のおよそ95%が2型糖尿病だと言われています。

もう1種は【1型糖尿病】と呼ばれるもので、子供が発症することが多いものになります。

2型糖尿病

原因は生活習慣が乱れていることや、不摂生によるもの。2型糖尿病になると、インスリンが正常に働かなくなり、ブドウ糖もうまく取り入れることができなくなります。

1型糖尿病

インスリンを生成する細胞が、壊されてしまう事によって、体内にインスリンが不足してしまう状態です。生活習慣などの原因ではなく、インスリンを作る機能が壊れたことが原因です。

血糖値に対してのマカの働き

糖尿病の予防に必要なのは、血糖値を上げないように心がけることですが、マカを摂取すると血糖値を下げてくれる効果を得ることができます。マカに含まれる【亜鉛】の作用によって、血糖値が下がるのです。

食事の中で亜鉛を沢山取り入れるのもいいのですが、それをすると、必然的に食べる量が増えてしまい、カロリーも摂取し過ぎになり、血糖値を増やしてしまう可能性があります。それだけ亜鉛は食事では取りにくいものなのです。

糖尿病の治療をしている場合は医師に相談してから

マカを糖尿病の予防に利用するのは、とてもお勧めなのですが、すでに糖尿病になってしまっている人には、マカの摂取をこちらからお勧めはできません。血糖値を下げるなら、マカを摂取すればいいのでは?と思うかもしれませんが、それは出来ないのです。

糖尿病の人は、薬を服用したり、注射を打ったりしていますので、血糖値に変化を起こすマカを自己判断で飲むことは危険になります。血糖値のコントロールをしている状態ですから、飲みたい場合には医師に相談をして、マカを摂取してもいいのか確認をしてください。

関連記事

このページの先頭へ